仙台で新しい現場が始まりました!

みなさん、こんにちは。

先週に続き、台風が来てしまいましたね。

みなさん、被害は大丈夫でしたか?

新たな新築現場の工事が始まりました!

低燃費住宅が増えていくのは嬉しいですね。

現場は桜ヶ丘です。

この現場でも構造見学会、完成見学会をしますので、

お近くの方はお楽しみに!

現場では、解体工事が行われました。

解体物件は、築40年の木造住宅です。

十数年前に大規模リフォームで

断熱材が入れられ、

外装材、内装材も張り替えしていました。

解体の現場に覗きに行かせてもらいました!

壁の中の中を見させてもらうと・・・!

現在、最も一般的に使われている、

グラスウールが入っていました!

しかし、水分を含み、黒ずんでいました・・・

ファイル 2016-09-01 10 53 16

これがもう数年すると、さらに水分を含み、

ずり落ち、断熱材がない部分ができてしまいます!!

また、もともとグラスウールは水分、水に弱いので

袋に密閉されているのですが、

カットされてしまい、

そのまま入っていました。

ファイル 2016-09-01 10 53 00

大事なのは、

断熱材は何をどれくらいの厚みで使っているか

ではなく、

どうやって施工されているかです。

もちろん、職人さんの腕にもよりますので、

図面や紙だけで安心するのではなく、

実際に現場を見て確認してみてくださいね!

 

関連記事

ページ上部へ戻る